アイメイクの落とし方

なかなか落ちないアイメイク、ゴシゴシこすって必ず落としていませんか?間違ったやり方でクレンジングを増やすと、肌トラブルを導くこともあるので注意が必要です。
目のあたりのシワ、くすみはクレンジングが端緒?

仮にシワやくすみが気になるようなら、クレンジングが上手くできていないのかもしれません。瞳の側は皮膚が非常に低く、傷つきやすい場です。それなのにアイシャドウを何トーンも塗ったり、ロングラスティングやウォータープルーフ仲間のアイライナーやマスカラを繰り返しづけしたり、それを減らすためにゴシゴシこすったりすると、まつげや瞳の周りの皮膚に痛手をかけ、シワや乾燥を招いてしまいます。

アイメイクは、目のあたり専用のメイクUPリムーバーやマスカラだけを取り去れるブラシ仲間のリムーバーを使って、風貌全体のクレンジングの前に、きっちりと減らすことが大切です。
アイメイクの無くしヒューマンの定め

アイメイクを落とす際は「丁寧に洗い流す言動」を心掛けましょう。目のあたりは負荷にやけにか弱いので、擦るのは絶対にやめましょう。

コットンにたっぷりのアイメイク向けリムーバーを含ませ、瞳の上に置きます。10秒くらいするとアイメイクが浮いてくるので、人知れず撫でるように取り去ります。デュオザクレンジングバームの口コミ