皮膚には肌のモイスチャーを保持したり、外部から異物が侵入やるのを防ぐ壁能力があります

皮膚の外見を覆っておる「皮脂膜」と、皮脂膜の下にある「セラミド(細胞日数脂質)」がその役割を担っています。

洗いをしすぎると、肌に必要な皮脂や肌のうるおいを保つセラミド、NMF(天然保湿ファクター)を洗い流してしまう。その結果、モイスチャーが蒸発し肌は乾燥、壁能力を弱めてしまう。

洗いは、朝晩1日2回で可能。早朝は軽めに、肌の新陳代謝が受ける夜は念入りに洗うことがポイントだ。メイクをした日の夜は、クレンジングもちゃんと行いましょう。

洗いときのファクター(2)「洗いチャージをぐっすり泡立てる事柄」

洗いチャージをぐっすり泡立てることによって、肌に指が直接することやスレを防ぐことができます。泡をぐっすり立てずに指で直肌を擦り付けると、肌に刺激を与えてしまう。敢然と泡立てて、キメが細く壊れない泡を作りましょう。

洗いときのファクター(3)「力を入れすぎない事柄」

面持の皮膚は非常に小さく、少しのモチベーションにもセンシティブに作用行う。角質年代の厚さはちょっと0.07~0.2mmしか無く、コットンのスレでも傷がつくほど生来ものです。

ゴシゴシと力を入れて洗うのは、肌をキレイにするどころか傷つけて要る感じ。力を入れず、洗いチャージの泡を指で手厚く転がすように洗い流しましょう。

洗いときのファクター(4)「すすぎのお湯の気温」

洗いのときの適温はいつも肌の状況、肌よりまだまだ刺々しい気温です32たびくらいが適温だ。面持の皮脂は30たびくらいで溶け出します。詰まり30たび以上のぬるま湯で落とす結果、皮脂を浮かせキレイに流すことができるのです。

高熱めのお湯で洗うと、皮脂を洗い流しすぎて乾燥の原因になります。また冷水だとしみが浮きがたくなり、毛穴のしみがなくしきれなくなります。

洗いときのファクター(5)「シャワーで流すのは落とし穴」

入浴場合洗顔する間、シャワーから出たお湯を丸々面持に充てるのは避けたほうが無難です。浴室タイミングの気温は高くなっている結果、角質も柔らかくなっています。その状態でシャワーを直面持に受けると、水圧で肌がダメージを受ける可能性があるからだ。

またシャワーのお湯の気温は、洗いには高すぎる場合がほとんどです。乾燥を導く原因になります。

美肌づくりの基本となる洗い。まずはふさわしい洗い戦術を私に羽織ることから始めましょう。参照ページ